NARUTOの


by ayasato-haine
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

【DEATH NOTE】舞台挨拶&劇場初日感想

デスノ公式サイト

ろくに公式サイトのチェックもしていなかったくせに、友達のおかげで初日舞台挨拶付き公演にいってまいりましたよ!


超映画批評
なんか、ここではひどい点数だけど、あたしはいいとおもうなぁ。。。

ネタバレになりますんで、詳細は以下



つーわけで、別ジャンルの友達Cちゃんと一緒に有楽町でデスノをみてきました!

映画の公開初日にみにいくなんて、エヴァ以来だよ!!

しかも舞台挨拶つき。ありがとう、Cちゃん!!

ちょっと早めに待ち合わせてランチ後、ピカデリーへ。向かいの劇場では岡田君の映画やってました。
土日の映画館て混んでるねー!最近は一人で水曜日に行くことが多かったからビックリ。

席は全席指定だったんですが。

L列。に萌えました。すいません。



そして舞台挨拶。
すんげーたのしみにしてたおひょいが欠席。。。ありえねーorz

藤原達也はほんと顔のイメージよりも背がたかいよね。童顔だからどうしてもちいさいよーな気がしてしまう。
恵比寿界隈によく出没するらしーよ。
一緒にいったCちゃんは何度もすれ違ったことがあるそーだ。

以外だったのは、瀬戸朝香。すんげーきれー!
なんだろ、テレビでみるとすんごいごついような気がしていたけど、全然そんなことなかった。
オトナの色気があってよかった。



んで、お話のこと。

まず、私はLのキャスティングに異議アり!の人だったんですが。

ぜんぜんよかった。

むしろよかった。


細かいところ研究してるようでよかったでよ。ま、スキキャラだから採点は厳しくなるけど。及第点。
紅茶なくなったカップを逆さまにして舌だすとことか萌えた(こまかすぎ・・・?)


劇場版とコミックの一番の違いといえば、キラの幼馴染役の詩織の存在だとおもうのですが。


この演出はミステイクじゃなかったと思う!

最初は、まじで詩織を好きだーってアピールするライトにちょっと萎えそうでしたが(新世界の王になるんじゃないのかい!みたいな)、ストーリーが進んでいくうちに、(自分の理想とする世界を実現するために精神を狂わせていく)変わっていくライトの真情をアピールするのにスゴクいいキャストだったと思う。

むしろ漫画よりもわかりやすい演出。監督エライ。

美空ナオミについても、原作の生死不明説を結論づけてくれる演出だったし、ミサミサについても、上手くまとめられていたと思う。11月が楽しみ。

批評ページのひとは、キャラの魅力がわかっていない、と書いていたけど。
コミックスとして読む場合と、映像としてみる場合の理解って違うと思うんだよね。
あんな膨大な台詞やモノローグを全部入れることはできないし。限られた時間と演出で、あの細やかな人物描写をすると考えれば上手くいってると思う。

最初、ちょっとキラがうっかりやさんすぎねー?とか(新宿のアルタ前ででデスノだしちゃってるよ!)、美空ナオミに冷静沈着差が足りないとか(わざわざキラに偽名を教える必要はないよね・・・あつくなりすぎ)色々あるかもしれないけど・・・。うん。



しかし・・・あんな引きで11月・・・まてないよ!


(今日発表になったようですが、第2弾は11月公開ですよ。最初の情報より1ヶ月遅れだね。。。)

あ。あと松田がすんげよかった。まんま。あほっぽ。


とりあえず、劇場でみても損しないと思う・・・!オススメ
[PR]
by ayasato-haine | 2006-06-17 23:35 | jump